絵本

ばあばは、だいじょうぶ

 

大好きだったばあばがこの頃変わってしまった…

 

老い認知症、介護といったとても難しい問題を、子供の視点で描いた絵本です。著者自身も祖母、母が認知症患い、孫として娘として介護をする立場の経験をもとに生まれた感動作です。